読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
13TICAD.banner3.3.jpg

       6/1(土)シンポ&デモ!「誰のためのTICAD(アフリカ開発会議)か?
         -グローバリゼーションのなかで搾取と排除に抵抗するアフリカとアジアの人々-」
           http://ticakov.hatenablog.com/entry/2013/05/10/183546

           ゲスト  チャイナ・ングバネさん (南アフリカ共和国:クワズールー・ナタール大学市民社会センター)

           シンポジスト 稲葉奈々子さん( NO-VOX 「持たざる者」の国際連帯行動 )
                    近藤昇さん( 寿日雇労働者組合 )
                    小倉利丸さん( 横浜でTICADを考える会 )
                 
           シンポジウム宣言:http://ticakov.hatenablog.com/entry/2013/06/06/231359

香港での集会「普通選挙を実現した南アフリカのいま 南アの社会活動家ングバネとの対話」

China Ngubaneさんの、香港での集会案内です。 =======「普通選挙を実現した南アフリカのいま 南アの社会活動家ングバネとの対話」日時:2013年6月9日(日)19:00-21:00 場所:序言書室 (通訳あり) 香港で普通選挙が実現してから30年が経過したいま…

報告(動画)6/1シンポ&デモ「誰の為のTICADか?-グローバリゼーションのなかで搾取と排除に抵抗するアフリカとアジアの人々-」

お知らせ 6/1シンポ&デモ!「誰のためのTICAD(アフリカ開発会議)か? -グローバリゼーションのなかで搾取と排除に抵抗するアフリカとアジアの人々-」 - 横浜でTICADを考える会 のUstアーカイブです。第一部 http://www.ustream.tv/recorded/33616193…

6/1シンポジウム・ゲストのご紹介 『「誰のためのTICAD(アフリカ開発会議)か?-グローバリゼーションのなかで搾取と排除に抵抗するアフリカとアジアの人々-』

6/1シンポ&デモ!『誰のためのTICAD(アフリカ開発会議)か? -グローバリゼーションのなかで搾取と排除に抵抗するアフリカとアジアの人々-』では、 http://ticakov.hatenablog.com/entry/2013/05/10/183546 南アフリカから若手論客・活動家をお迎えし…

「占拠”を準備する旧黒人居住区の住民運動 ウムラジ騒動は威嚇・脅迫では解決されない」 チャイナ・ングバネ

“占拠”を準備する旧黒人居住区の住民運動 ウムラジ騒動は威嚇・脅迫では解決されない チャイナ・ングバネダーバンの朝刊紙「マーキュリー」2012年7月3日 寄稿欄「社会への目」原文はクワズール・ナタール大学 市民社会センターのサイト http://ccs.ukz…

A township move「ment prepares to ’Occupy’ Umlazi’s unrest won’t be solved by intimidation」 By China Ngubane

A township movement prepares to ’Occupy’ Umlazi’s unrest won’t be solved by intimidation By China Ngubane The Mercury Eye on Society column, 3 July 2012 It is a time when local police brutality is a national scandal, with more than 50 extr…

「貧しいものが貧しいものを攻撃するとき」チャイナ・ングバネ ~横浜でTICADを考える会 資料2~

6/1シンポジウムゲストのチャイナ・ングバネさんの新聞への寄稿記事です。 「貧しいものが貧しいものを攻撃するとき」チャイナ・ングバネ(China Ngubane)ダーバンの朝刊紙「マーキュリー」2010年8月3日 寄稿欄「社会への目」 Library - Online Libra…