読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
13TICAD.banner3.3.jpg

       6/1(土)シンポ&デモ!「誰のためのTICAD(アフリカ開発会議)か?
         -グローバリゼーションのなかで搾取と排除に抵抗するアフリカとアジアの人々-」
           http://ticakov.hatenablog.com/entry/2013/05/10/183546

           ゲスト  チャイナ・ングバネさん (南アフリカ共和国:クワズールー・ナタール大学市民社会センター)

           シンポジスト 稲葉奈々子さん( NO-VOX 「持たざる者」の国際連帯行動 )
                    近藤昇さん( 寿日雇労働者組合 )
                    小倉利丸さん( 横浜でTICADを考える会 )
                 
           シンポジウム宣言:http://ticakov.hatenablog.com/entry/2013/06/06/231359

香港での集会「普通選挙を実現した南アフリカのいま 南アの社会活動家ングバネとの対話」

China Ngubaneさんの、香港での集会案内です。
=======

「普通選挙を実現した南アフリカのいま 南アの社会活動家ングバネとの対話」

日時:2013年6月9日(日)19:00-21:00
場所:序言書室 (通訳あり)


 香港で普通選挙が実現してから30年が経過したいま、普通選挙がもたらした変化とはいかなるものかを考えるためのケースが南アフリカである。1994年、白人政権は巨大な大衆的民主化運動のプレッシャーを受けて、アパルトヘイト政策を放棄し、普通選挙が実施され、主要黒人政党であったANCが政権を握り現在に至る。民主的選挙によって選ばれたこの政権はどのような変化をもたらしたのか。そして南アの民衆の現状はどうなっているのか?民主主義と生活環境改善を促進させるために、社会運動が果たしている役割とは何か?チャイナ・ングバネは南アのダーバンで活躍する社会運動活動家。このたび香港を訪問するにあたり、彼の経験を聞く機会を設けた。

ダーバンのクワズールナタール大学のパトリック・ボンドは次のように彼を推薦している。
“ I consider China to be one of the African continent's most committed, effective social activists, and he is also a rising scholar. His trip is very important for him and for all of his, because he is more able than anyone I know to transmit the progressive politics you all are developing in Asia, to the South African working class.”

参考文献
1 Elite Transition, by Patrick Bond
2 Brief History of Neo-liberalism, by David Harvey


=========
追記)香港はアヘン戦争後の1842年から1997年までイギリスの植民地でした。中国系住民の選挙権はありませんでしたが、1980年代から段階的に普通選挙が実施されています。1997年に中国に返還された後の現在、香港の首相にあたる行政長官は、いまだ間接選挙で中国政府に有利な人物が選ばれる仕組みになっています。もちろん英植民地時代よりもずっといいのですが。